ネット店舗は安心


銀行印銀行印は何度も購入するものではありません。慣れていないこともあり、銀行印のような重要な印鑑をネットで発注するのは安全性の面で問題があるのではないかと不安を感じられる人もいらっしゃると思いますが、大手のネット印鑑専門店では多数の印影デザイナーが在籍しており、同じ印影が生まれないようセキュリティに万全を期しています。実体店舗の印鑑専門店と同じくらい安全なのです。

実物を見ないとどれがいいかわからないという人も安心して選ぶことができるよう、大手ネット印鑑専門店ではあらゆる角度から撮影された高画質の写真が用意されていますし、印鑑の動画を見ることができるサイトもあります。ほとんどのネット印鑑専門店で「印影プレビュー」というサービスが用意されており、印鑑の印面の仕上がり予想図を見ることができます。これにより、注文したい印鑑の実際の仕上がりを確認することができるのです。もちろんこの時点で気に入らなければ修正が可能です。

種類も多く、価格も安く、スピーディーでしかも安全。ネットで印鑑を扱う専門店は大切な銀行印を作るのに最適です。ネット印鑑専門店はたくさんあります。ぜひ、サービスや価格を比較検討し、ベストのお店を見つけてください。

ue reading »',

実体店舗とネット店舗


実体店舗とネットショップを詳しく比較してみましょう。まず実体店舗ですが、最大のメリットはさまざまな種類の印鑑の実物を見ることができることでしょう。印鑑の実物を手に取りながらプロフェッショナルのアドバイスを聞くことができるのです。実物を見て、触ってからの発注となりますので、予想と完成した印鑑との乖離が起きにくいのです。デメリットとしては、印鑑の種類が店舗にあるものに限られてしまうということと、ネットショップに比べて価格が高くなること、そして納期が数日かかることです。

パソコンネットショップの最大のメリットは価格です。実体店舗とネットショップの両方を運営している大手印鑑専門店の例を見ましょう。黒水牛という素材を使用した場合、実体店舗の価格が9,450円であるのに対し、ネットショップ価格は5,400円となっています。約半額とネットショップの方が圧倒的に安くなっています。次のメリットとしては印鑑の材料の種類が豊富であることです。チタン素材や宝石素材の印鑑まで揃えられています。即日発送などのスピードも急いでいる人には嬉しいネットショップのサービスです。ネットショップのデメリットは実物を見たり触ったりできないことです。

ue reading »',

銀行印はどこで買う?


銀行印として使用できる印鑑はどこで販売されているのでしょうか。100円ショップや文房具店で購入できる三文判は大量生産型ですので日本中に同じ印鑑を持っていると考えるべきで防犯上の理由から銀行印としてはおすすめできません。

女の子印鑑の専門店が実は数多く商店街等に存在しています。印鑑専門店は印鑑作りのプロフェッショナルですので、実印や銀行印などの重傷性の高い印鑑を購入する際に大きな助けとなります。姓ではなくフルネームの印鑑も印鑑専門店で注文することができます。

初めて印鑑を購入する場合は、ネット等で印鑑の価格について調べてから行くとよいでしょう。印鑑専門店で印鑑を発注する場合、材料などによって納期が数日かかる場合もありますので、急いでいる場合はまず納期を確認しましょう。

最近では多くのネット印鑑専門店ができています。ネット店の場合、店舗家賃や人件費が少なくて済む分価格が低く抑えられ、実体店舗の価格よりも30~50%ほども安くなる場合もあります。お店に行かなくてもパソコン画面上で簡単に発注することができ、発注したその日に発送してもらえるスピードサービスもあります。日本全国どこにでも送ってもらえるのも非常に便利です。

ue reading »',

銀行印鑑の買い方


郵便物の受け取りから、ローンの申し込み、結婚の届け出まで私たちが日常よく使う印鑑。その印鑑にはさまざまな種類があることをご存知でしょうか。

日常よく使うのが「認印」です。会社での承認や、宅配便の受け取りに使われます。認印とは印鑑登録をしていない印鑑のことです。三文判と呼ばれる大量生産型の安価な印鑑やスタンプ印鑑がよく使われます。

次に「実印」。この印鑑は重要な印鑑です。住民登録をしている市役所などで印鑑登録を行った印鑑で、法的効力を持ちます。実印はローンの申し込みや、不動産購入、婚姻届などに使われます。実印は証明書と共に厳重に保管することが大切です。

銀行最後に「銀行印」です。銀行印は銀行で口座を開設するときに必要な印鑑のことで、口座からお金を引き出したり、小切手で支払いを行ったりする際に使用されます。銀行通帳と銀行印が揃えばお金が引き出せるので、盗難被害に遭わないよう、厳重な保管が必要です。スタンプ印鑑は銀行印としては認められませんが、同じく安価な三文判は銀行印として認められます。しかし、防犯上のリスクは非常に高くなるのでおすすめできません。また、まれに実印と銀行印を併用している人がいますが、万が一盗まれたり紛失したりした場合、銀行への届け出と実印の印鑑登録廃止を両方行わねばならず大変面倒なので、実印と銀行印は分けるようにしましょう。

このサイトでは特に使用頻度が高く重要な銀行印の購入方法について説明をさせていただきます。

ue reading »',