銀行印鑑の買い方


郵便物の受け取りから、ローンの申し込み、結婚の届け出まで私たちが日常よく使う印鑑。その印鑑にはさまざまな種類があることをご存知でしょうか。

日常よく使うのが「認印」です。会社での承認や、宅配便の受け取りに使われます。認印とは印鑑登録をしていない印鑑のことです。三文判と呼ばれる大量生産型の安価な印鑑やスタンプ印鑑がよく使われます。

次に「実印」。この印鑑は重要な印鑑です。住民登録をしている市役所などで印鑑登録を行った印鑑で、法的効力を持ちます。実印はローンの申し込みや、不動産購入、婚姻届などに使われます。実印は証明書と共に厳重に保管することが大切です。

銀行最後に「銀行印」です。銀行印は銀行で口座を開設するときに必要な印鑑のことで、口座からお金を引き出したり、小切手で支払いを行ったりする際に使用されます。銀行通帳と銀行印が揃えばお金が引き出せるので、盗難被害に遭わないよう、厳重な保管が必要です。スタンプ印鑑は銀行印としては認められませんが、同じく安価な三文判は銀行印として認められます。しかし、防犯上のリスクは非常に高くなるのでおすすめできません。また、まれに実印と銀行印を併用している人がいますが、万が一盗まれたり紛失したりした場合、銀行への届け出と実印の印鑑登録廃止を両方行わねばならず大変面倒なので、実印と銀行印は分けるようにしましょう。

このサイトでは特に使用頻度が高く重要な銀行印の購入方法について説明をさせていただきます。